奥津剛|ライトワインドで狙う梅雨のメバルゲーム

2014/05/30
新製品
「脱ただ巻きが、これからのシーズンのカギになります」

ジグヘッドに反応しない個体に効果を発揮

こんにちは。ゼスタの奥津です。私のホームとしている伊豆エリアではこれからメバルゲームが最盛期を迎える。水温の上昇と共に様々なベイトが出入りするようになりメバルの食性が著しく変化する伊豆エリアにおいてジグヘッド単体のただ巻きだけでは通用しなくなり釣果が出ず苦戦を強いられるアングラーも多い。

そのような状況下で思わぬ釣果をたたき出すメソッドがライトワインドゲームである。ダート系のジグヘッド(ゼスタ|スターヘッド タッチダウン等)に専用ワーム(ゼスタ|スターワーム ダートスター)を装着し一定のレンジで軽くシェイキングしジグヘッドを自走、フォールさせ喰わせる方法である。

特に水温の変動が大きいこの季節はメバルが自らベイトを捕食するのではなく弱ったベイトや流されたベイトを選択的に捕食するケースがありライトワインドはそのような状況下で圧倒的な実力を見せつけることがある。

 

ラインの選択

使用するラインはPEラインが主流だが私の場合は少し異なっておりナイロンラインを主に用いる。ナイロンは比重がPEよりも大きいため潮に対してなじみが良く張らず緩めずのテンションをキープすると水中を漂いながら弱った甲殻類や小魚などに似た姿勢を演出しやすくなる。こうすることで今までジグヘッド単体のただ巻きメソッドに対して見向きもしなかったメバルが突如として好反応を示すようになるから驚きだ。

ナイロンラインは一般的に伸びる、感度が悪いというイメージがあるが近年のナイロンラインの進化は目覚ましく低伸度タイプなどの高性能なラインが発売されているため積極的に利用するとさらに高感度なゲームが展開できるだろう。

これからの時期は尺を超える大型個体がシャローエリアでベイトを捕食するシーズンであるためナイロン等のフィネスラインでの無理なファイトはラインブレイクに繋がるばかりか場所を荒らす危険があるためドラグを使い丁寧なファイトを心掛けたい。さらに無理に抜きあげようとせずランディングネット等を用いて確実なランディングスタンスを取ることも重要である。

 

奥津剛
大学・大学院で培った魚の生態学的知識を釣りにフィードバックするロジカルなフィッシングスタイルに定評。現在はルアーフィッシングメーカー、XESTAで新製品の開発に携わる。

 

使用タックル
[ロッド] XESTA|ブラックスターS78
[ロッド] XESTA|ブラックスターS68
[リール] 1000番
[ライン] ナイロン2.5lb
[ジグヘッド] ゼスタ|スターヘッド タッチダウン
[ルアー] ゼスタ|スターワーム ダートスター