中野大輔が語る「ストリームローグ」という個性

2014/05/30
総合 新製品
ストリームデーモンとは対極に位置するモデル。静かに、そして突然、魚の前に姿を現す。

中野大輔プロデュース。今回は低活性のランカー仕様に

中野大輔プロデュースなのだから、致し方ないのだろうか。また個性的なミノーがエバーグリーンから登場する。ストリームローグは15cm、30.0gのランカーシーバス専用ミノー。中野プロデュースのミノーといえば、ストリームデーモンのヒットが記憶に新しいが、中野によると今度のローグはデーモン真逆の位置づけだという。

「デーモンは水をしっかり嚙んで、アップからのアプローチでもしっかり泳ぐミノーでした。レンジもかなり上のほうで、かなりブリブリ泳ぐタイプ。割と活性の高いランカーシーバスに効果的なルアーでした」

それに対して今度のローグは。

「こちらは活性の低いシーバスをメインのターゲットにしています。泳ぎはスレたシーバスに効果的な“棒”に近い感じの泳ぎで、レンジもやや入ります。プレッシャー、低水温、クリアウォーター、月夜、渇水など、シーバスの活性が下がる要素があるときに使ってもらいたいルアーですね。デーモンが流れの緩い場所向けに作られているのに対して、ローグは流れのある所、瀬まわりなんかで有効です」

 

中野が語るローグの真骨頂

ローグにはリップの近くに水を逃がすダクト(穴)が付いているが、この点については。

「このダクトは一番水を嚙む部分に空けてあるんですよ。この効果で巻き心地は非常に軽くなっています。“フリーズアクション”といって、ルアー自体の進行は止めずに、スイムアクション(ウォブル、ロール等)のみを止める動きを出すのもこの部分ですが、この動きがランカーに効果的なんです。いわば、棒になって狙うポイントに近づいて、流れが変化する場所に入ると突然ヒラを打つんです」

魚をスレさせる無用なアクションを極力減らして、ピンポイントでアクションさせる。ス〜っと忍び寄って一瞬で食わす。これこそがローグのメインコンセプト。その他、重心移動はマグネット式で、デーモンよりもローグのほうが飛距離はうわ手とのこと。デーモンのフォローとして使うもよし、ローグ一本でいくもよし、いずれにせよ今回のローグもランカーフリーク必携のルアーとなりそうだ。

文=F!編集部

 

OCEAN FLEET|STREAM ROGUE
タイプ|フローティングミノー
全長|150mm
重量|30g
カラー|12色
価格|2,052円(税込み)
HP|http://www.evergreen-fishing.com/goods_list/StreamRogue_11977602_2.html