1メートル100円|セレブ価格のPEを使ってみた

2015/03/17
総合 新製品
0.3号で8本ヨリを実現した最新PEラインの驚きの使用感。

文=幸田樹典 

ライトゲーム用の最高級PEライン

PEラインは主に、4本の原糸を編み込んだ「4本ヨリ」と8本の原糸を編み込んだ「8本ヨリ」のものに大別されますが、8本ヨリは高度な製法が必要になるうえ強度を維持すること難しく、これまで0.6号以下の細号数のものが作られることはほぼありませんでした。そんな中で登場したのがYGKの「リアルデシテックス」。8本ヨリでありながら太さは0.3号。今回はこのラインについて使用感などを書いてみたいと思います。

 

少し張りのあるシルキーな触り心地

まず触ってみた印象ですが、YGKらしく適度にパキッとした適度な張りがある感じです。8本よりということで4本よりにありがちなゴワっとした感じがなく、非常にシルキーでありながらパキッと感があるイメージでしょうか。ラインナップは0.3、0.4、0.5号の3タイプですが、今回僕はもちろん0.3号を試してみました。

 

おそらく誰もが感じる明確な「感度」の違い

さて実際に釣り場で使用した印象ですが(今回はナイトのメバルゲームで使用)、8本よりでラインの放出も非常に滑らか。ルアーの操作もしやすくて軽量プラグもかなり扱いやすい印象でした。そして一番気に入った点は「感度」。大げさに言うとラインが「竿の延長」と言えるくらいにギンギンにルアーの状態やアタリがダイレクトに伝わってきます。4本よりにはない操作感と馴染みの良さを持ちつつ、0.3号ならではの感度、いままで色々なラインを試しましたがこれはかなり衝撃的でした。8本よりということで強度面を心配される方もいると思いますが、今回は尺メバルもキャッチできましたし引っ張り強度は十分だと思います。ただ、これは細号数のPEラインの宿命ですが、他のものと同様に擦れに対する強度はそれなりといった感じだと思います。

 

唯一のネックはセレブリティ価格・・・

そんな高い操作性と感度を持ったリアルデシテックスですが、ひとつ大きな問題も(最初に書いておくべきだったでしょうか)。それは価格。0.3号150mで15,000円(税抜き)。つまり、1mで100円です・・・。かなり高額ですが、個人的にはそこは使って納得できるラインでした。明らかに既存の商品とは違いを体感できますので、ライトゲームを真剣にやる方は、少しお財布事情に余裕があるときにでもぜひ一度お試しいただく価値はあるかと思います。ちなみに、ネット量販店さんでは税込で10,000円ほどでまでディスカウントされていましたよ。

 

幸田樹典
三重・紀宝町在住。ライトゲームを中心に、ブラックバス、青物など様々旬のターゲットを狙う。近年はボートアジングの開拓に注力。バレーヒルのフィールドスタッフ、ゼスタ、フィッシュアローテスターも務める。

 

YGK|REAL DTEX PREMIUM WX8
号数|0.3、0.4、0.5号
長さ|90、150、210m
価格|9720〜22,680円
HP|こちらから