マリア|カーボン製鉄板バイブの詳細を発表

2015/06/16
総合 新製品
多くのメリットを生む「カーボン」をプレート部に採用。このカテゴリーの勢力図が大きく変わるのは間違いなさそうだ。

マリアから「カーボンバイブ」が7月リリース

以前にFISHING STATION!でプロトモデルを公開したところ、発売前ながら大きな反響を呼んだマリアのカーボン製鉄板バイブレーション。その詳細が少しずつ明らかになってきた。まず名称は「カーボンバイブ」に決定したようで、重量は26g、18gの2タイプがラインナップ、カラーはプレート部のカーボンが見えるものとそうでないものが存在するようだ。発売時期はまだ未定ながら、7月発売で最終調整に入った模様。

 

カーボンがこの鉄板バイブの常識を変えるかもしれない

そんなカーボンバイブだが、マリアに問い合わせたところ、カーボン素材を採用することで従来使用されてきた金属製に比べ、プレート部を1/4ほど軽量化することができたそう。これに伴ってボディ上部が軽くなり、ボディ全体が低重心化、いままでの鉄板バイブに比べてよりハイピッチなアクション、そして実際のベイト(イワシ)に近いフラッシングを実現しているのだという。また強度についても従来の金属製よりも剛性が上がっているといい、多方面でカーボンのメリットが発揮されているようだ。

 

一気にこのカテゴリーの覇者となる可能性も

その他、カーボンを採用することで従来の金属製よりも巻き抵抗が軽減、またセッティングを調整することでフリーフォールでも糸絡みしづらくなっているのだという。詳細は後日公開となるそうだが、今回も力の入った製品ムービーを作成中とのことで続報に注目したいところ。マリアといえば、金字塔「マールアミーゴ」シリーズを生み、近年では「スライス」などをヒットさせているバイブレーション王国。敢えて“最後発”といえるこのタイミングで満を持してリリースされる大本命、一気にこのカテゴリーの覇者となる可能性は大いにありそうだ。

 

MARIA|CARBON VIB
重量|18、26g
発売|7月予定
ティーザーHP|http://www.yamaria.co.jp/carbon_vib

 

以前に公開した動画はこちら