60gでわずか57mm|クラス最小級ジグ登場

2015/06/23
総合 新製品
重いのに小さいメタルジグ。小型青物が接岸しきらないときなどに使いたい。

ハヤブサの「ジャックアイTG」

爆発的とまではいかなくともジワジワと確実に人気を集めているハヤブサのメタルジグ「ジャックアイ」。大きなアイが特徴のメタルジグだが、この度このジャックアイに超高比重タングステンモデル「ジャックアイTG」が登場した。TGという名称から、ただのタングステン製の高比重ジグかと思いきや、このジグ、実はなかなか面白い商品。60gモデルで約57mm、150gモデルでも76mmというクラス最小級のスモールシルエットを実現しているのだ。

 

ベイトが小さいとき、魚の活性が低いときに

タングステン製のジグの場合、おおよそ60gモデルで68〜80mmというのが一般的だが、この点ジャックアイTGはボディの高さを出すことで全長をグッと縮めこのコンパクトボディを実現している。スモールシルエットのジグは魚の活性が低いとき、青物狙いでシラスなどの小さなベイトに魚が付いているとき等に効果的とされるが、このサイズなら飛距離を求めつつ、こうしたシチュエーションに対応することができる。

 

接岸し切らない小型青物狙いにも

これからのシーズンはワカシ、ショゴなどの小型青物が沿岸に回遊してくるが、岸に寄り切らない状況も少なくない。そんなときは少し重めのジグをセレクトすることになるが、ターゲットがそのサイズならジグはやはり小さいほうが有利。そんなときにもこのルアーの出番はあるかもしれない。

 

HAYABUSA|JACK EYE TG
重量|60、80、100、120、150G
カラー|8色
価格|2,160円〜4,536円