スイッチヒッターに120mmが追加

2015/08/04
総合 新製品
小沼正弥さん監修。120mm、3フックの大型シンキングペンシル。

ビッグサイズのスイッチヒッター。9月に登場予定

小沼正弥さん監修のシーバス用シンキングペンシルとしてダイワから発売された「モアザン スイッチヒッター85S」。安定した飛距離とやや大きめで不規則なアクションが好評で、好調なセールスを記録していると多方面から聞いている。そんなスイッチヒッターに少し大きめの「モアザン スイッチヒッター120S」が9月に登場することがわかった。

 

プロトモデルをキャストした印象

実は筆者は以前に小沼さんからこのルアーのプロトモデルを借りて何度か投げさせてもらったことがある。その時の感想としては85Sよりもさらに浮き上がりが早くなった印象で、泳ぎは85Sとほぼ同様の不規則なスラロームアクション。河川や干潟だけでなく磯やサーフでもしっかりアピールできる120mmのボディは、シーバスだけでなくヒラメやヒラスズキでも良さそうな印象も受けた。またコノシロや落ちアユ、ボラなどの大型のベイトにも合うサイズなので、85Sとの使う場所や場面もずいぶんと違うように感じがした。

 

プロトで感じたウィークポイントは克服できたのか

ただ一点不満に感じた部分がある。それは飛距離。飛距離にバラツキがなく常に安定した飛距離も出していた前作よりもやや作りが大雑把な感じで(重心移動システムが導入されたため?)、飛行姿勢が少し安定しないように感じた。この点を小沼さんに確認すると、小沼さん自身もその点不満に感じていたようでこれから修正作業に入ると言っていた。そして、その後に飛距離面は大幅に改善されたようで、ダイワの公式発表によると最大81.5m、平均77mの飛距離を記録したとのこと。ただ、ウィークポイントを克服したとはいえ、泳ぎの「らしさ」を失っていないかなど気になる点もなくはない。筆者自身、秋のランカーシーズンで使用するのがいまから楽しみだ。

文=F!編集部

 

DAIWA|MORETHAN SWICH HITTER 120S
全長|120mm
重量|30g
カラー|9色
フック|ST-46 #8×3
価格|2,322円
HP|http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/mt_switchhitter_120s/index.html

 

【関連記事】
モアザンスイッチヒッター85Sを最速インプレ