これは斬新!「ペラ」付きジグヘッド

2015/08/06
総合 新製品
従来のブラックバス用に加え、このほどソルトのライトゲーム専用モデルが加わることに。

スイッシャーとジグヘッドが融合。ソルト専用モデルが間もなく

ワームの内部にアルミ板を入れた「フラッシュJ」シリーズが好評のフィッシュアローからまた注目の製品が登場する。「ウィールヘッドSW」という名称で開発が進んでいるジグヘッドは写真の通りペラがヘッドとフックの間にあるのが特徴。リトリーブするとペラが高速で回転し水流を起こしターゲットにアピールする仕組み。これまでのワームの釣りはアピール不足(それが利点でもあるのだが)や引き抵抗のなさに起因する「何をしているか分からない感」から、どうも遠ざけがちだというアングラーも少なくなかった。この点、ウィールヘッドは回転するペラを付けることで適度な引き抵抗も生まれ、このふたつの問題を同時に解決してしまったといえる。

 

フォール中にもペラが回転してアピール

さらに注目に値するのはリトリーブ時のアピールだけでなく“フォール時”のアピールだ。実はこのジグヘッド、フォール中にもペラが回る構造になっているため、リトリーブやジャークだけでなく、フォール中にも光と水流でアピールすることが可能なのだ。その他、ペラの効果で一定のレンジを引きやすいといったメリットも考えられ、初心者でも扱いやすそうだ。サイズは0.6〜2.0gまで6サイズ展開を予定。飛距離や強度など気になるところもあるが、ぜひ早く使ってみたい商品だ。

文=F!編集部