大型ベイト対応の巨大バイブレーションが登場

2015/09/16
総合 新製品
全長108mm。メガバスから超ド級シーバス用バイブレーション登場。

108mm、33g。メガバス|コノシラス

秋が深まるごとにチャンスを増すビッグシーバスゲーム。この時期、落ちアユやコノシロなどの大型ベイトフィッシュに付いたシーバスはサイズが良いのはもちろんコンディションの良いのが特徴。冬の産卵に備えて効率よく大きな魚を捕食する個体は体高、厚みともに一年でもっとも増し、引き味が魅力のシーバスフィッシングにあっても、特に強い引きを味わえるシーズンでもある。

 

秋のランカー狙いの最重要ベイトに標準

さて、そんな秋のシーバスシーズンだが、これに合わせてメガバスから一風変わった注目の新製品が届いたのでご紹介しようと思う。「コノシラス」というこちらのルアーは全長108mm、重量33gという超大型のバイブレーション。名前の通り、秋のランカーシーズン、特に西日本方面では最重要ベイトともいえるコノシロを捕食するシーバスを狙うために開発されたルアーだ。コノシロはシーバスのベイトフィッシュとしてはかなり体高があるほうで、これまでも形状的にマッチするバイブレーションで狙うパターンが浸透していた。ただ、コノシロは20cmを超える個体もざらな大型のベイトフィッシュ。これまでも大型のバイブレーションに対するニーズは確実にあり、メガバスはそれに合わせてきた形だ。

 

スリム形状でレスポンスが向上。引き抵抗も軽減

そんなコノシラスだが、大きさの割にボディはスリムに成型されているため、スローリトリーブにもレスポンスよく反応し、また心配される引き抵抗についても軽減する工夫が施されているという。前後のフックアイは大型のシーバスのヘッドシェイクをいなすスイベル式のアイを採用。メガバスらしい精巧なカラーリングも魅力といえる。なお、バイブレーションということで動きは違うが、サイズ的に落ちアユパターンでも使えそうだ(落ちアユパターンはルアーをあまり動かさずに流すのが基本となる)。

 

人が使わない(使えない?)ルアーで釣る魅力

タックルについては33gという重量なので、それなりのものが必要とはなりそう。ただ、逆に言えば人があまり使えないルアーだともいえる。当然“一人勝ち”もあり得るだろうし、そして何よりも釣ったときの満足感は他のルアーでは味わえないものがあるのではないだろうか。

文=F!編集部

 

MEGABASS|KONOSIRUA
全長|108mm
重量|33g
タイプ|シンキング
価格|2,106円
発売|9月予定
HP|http://www.megabass.co.jp/site/products/konosirus/