《詳細続報》ダイワが新型セルテートを正式発表

2016/01/15
総合 新製品
すべての性能が底上げされた16セルテート。ダイワの中核リールにふさわしい進化を遂げていた。

回転性・防水性など、基本性能が大幅向上。ラインナップにも変化が

昨日速報としてダイワの高性能スピニングリール「セルテート」がモデルチェンジする旨のニュースをお伝えしたが、予想通り本日、ダイワの公式ページにて16セルテートが正式発表された。ブラックとゴールドを基調として前作の雰囲気を残しつつ、スプールの意匠を大胆に変更させ、個性的でありつつ高級感のあるデザインになっている。

 

超軽量ローターで回転性が向上。最高峰の防水性能も実現

こちらも予想通りだが、ローターは最新の超軽量エアローターが採用され、これによって回転性能は前作から大幅に向上しているという。中でも注目なのは防水機構・マグシールドがフル装備された点。これまで10セルテートではメインシャフト部に、13セルテートではラインローラー部にそれぞれマグシールドが搭載されるに至ったが、16セルテートではこれらに加えてドライブギアの両軸にもマグシールドが搭載された。これにより、16セルテートはセルテート史上最高の防水性能を達成したのはもちろん、ダイワのリールの中でも最高水準の防水性能を有することになる。

 

ATDドラグ搭載。3500、4000番サイズが加わり全16モデルに

またドラグについてはイグジストなどに搭載されているATDを導入。こちらも予想通りではあったが、より繊細でありながらも粘りや強さを持つドラグであるため、これまで以上に強引で繊細な魚とのやり取りが楽しめそう。ラインナップについて当サイトでは10モデル前後と予想していたが、これは見事に予想を裏切られ、前作から大幅に増加した16アイテムが揃う。モデルについては以下の通り。

1003
2004CH
2004
2500
2506
2506H
2508PE
2510PE-H
2510RPE-H
3000
3012
3012H
HD3500H
HD3500SH
HD4000H
HD4000SH

これまでになかったオフショアゲームやヒラスズキゲーム、ショアジギングなどに最適な3500番、4000番サイズが追加されたのが大きな特徴。これらはHeavy Dutyと思われる「HD」の文字を冠しており、タフネス性能に優れたモデルになっているようだ。

 

価格は4,000〜5,000円程度アップ

なお、価格は41,800〜49,000円(税抜き)で、前作よりも4,000〜5,000円程度アップしているが、これだけ進化を遂げたことを考えると妥当な価格設定といえるのではないだろうか。今月末から各地で開催されるフィッシングショーでの目玉商品ともいえる2016年モデルの新型セルテート。興味のある方は、ぜひ現地に足を運びその進化のほどを体感していただきたい。

 

16セルテート公式ウェブサイト
http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2016ss/certate/index.html