アピアが描くスタンダードミノーの未来予想図

2016/02/29
総合 新製品

松尾道洋さんプロデュース「エル・ドール115F」

アピアがシャローレンジに標準を定めたスタンダードミノーを開発中だ。エル・ドールとはフランス語で「黄金の翼」の意。115mmと決して大きくはないが、航空力学の原理なども参考にしたボディは飛距離面で大きなアドバンテージをもたらすという。ボディ形状については上部から見たときのボリューム感もまた特徴的で、泳ぎは非常にスタンダードなものになっているという。日本を代表するランカーシーバスハンターが手がけた次世代のスタンダードミノーの登場を心待ちにしたい。

文=F!編集部