「ワーム素材」のシンペンがブロビスから

2016/03/02
総合 新製品
これからのバチ抜けシーズンにぜひ使ってみたい注目ルアー。

“ソフトベイトの鬼”が作り出した新作「アッシム86」

宮川靖さん率いるブロビスから、新タイプのシーバス用シンキングペンシルが登場。これまでもハイブリッドスイマーなど、ソフトマテリアルを使ったルアー作りを得意とする宮川さんだが、今回の「アッシム86」もその特徴を存分に発揮している商品となっているようだ。最初の印象としてはマドネスのシリテン70、シリテン100とイメージが被るようにも思えたが、フォルムはそれよりもややボリュームがあり、バチパターンのみならず小魚を捕食しているときにも効果がありそうにも感じる。

 

バチ抜けパターン、それ以外にも

全長は86mm、重量8gで、このサイズの細長系ルアーとしては標準的なスペック。アクションは控えめなローリングにテールを振るスイングアクションが混じるようだ。なお、ヘッド部の下には小さな突起(フィン)はローリングを増幅させるためだといい、アクションはスイム映像を見てもそこまで“おとなしい系”ではなさそう。バチ抜けパターンのときでも、しっかりとルアーの存在を魚に気付かせたい状況(広大なエリアを狙う場合など)、あるいは小魚やアミなどとの複合パターンのときに効果があるように思われる。

各地でこれから本格化するバチ抜けシーズン、ひとつルアーケースにあると、シーバス攻略の幅が広がるかもしれない。特に関西圏で人気のブロビスだが、その他のエリアのアングラーも一度試してみては?

文=F!編集部

 

BROVIS|ASSIM86
全長|86mm
重量|約8g
カラー|9色
価格|1,436円
スイム映像|https://www.youtube.com/watch?v=viBm-C7XvIg