雑誌ライターXが語るプロアングラーの真実

2014/12/16
総合 その他
家邊克己さんは撮影時にもスタッフに細やかに気遣いをしてくれるタイプ。

【超集中型】結果を出すことにすべてもかけるストイックタイプ

様々なメディアに登場する有名アングラーたち。彼らは取材中どのように釣りをしているのだろうか。中には「一度取材に出たら24時間は帰れない」「釣りをしている最中は一切会話がない」アングラーがいると都市伝説的に語られることもあるそうだが、実際のところはどうなのだろうか。本日は長年釣り関係のメディアで執筆活動を続けるライターX氏に彼らの実態について語ってもらった。

 

FISHING STATION!編集部(以下、F!) 多くにアングラーの憧れでもあるメディアアングラーですが、本日はXさんに取材中の様子などをお聞かせいただきたいと思っています。よろしくお願いします。

ライターX(以下、X) よろしくお願いします。早速ですが、プロアングラーと言っても実際はかなり色んなタイプがいます(笑)。だいたいすぐ釣れるときはいいんですけど、釣りって自然相手ですからね。釣れないことのほうがはっきり言って多い。そして、そんなときにアングラーの本性が出やすいですね。

F! なるほど。Xさんの統計によると、プロアングラーはいくつかのタイプに類型化されるそうですね。

X そうですね。まず最初のタイプは「黙っちゃうタイプ」。最初は気さくに話していたのに、釣れなかったり魚の活性が低かったりすると、徐々に口数が減っていきまきます。場合によっては話しかけるなオーラ出したり(笑)。

F! そんなときXさんはどう対処しています?

X そういう時は編集者なり、ライターなり、プロデューサーなりがうまく現場の空気読んで「ちょっと気分転換に飯でも行きますか」とかやって気分転換させたりすると効果があるときもありますね。でも、それが逆効果になることもあったり。

F! ま、それだけ撮影中に魚を出そうと頑張ってくれているということですね。この手のタイプのアングラーは実際、すごくプロ意識高かったりしますよね。

X そうですね。ストイックなタイプが多いですね。ただ、釣れた瞬間に一気に解放されるのでしょね、急に饒舌になったりする人もいますけど(笑)。ま、経過はとにかく取材では魚が釣れることが第一ですので、この手のアングラーさんはある意味とても有難い存在だと言えますね。

 

【諦め早すぎ型】経験値の豊富なアングラーに多い傾向

F! そうじゃないアングラーもいると?(笑)

X まあそうとは言いませんが、これと正反対なのがすぐ諦めちゃうタイプ(笑)。朝まずめから釣り始めたのにまだ陽が昇り切る前から「ダメだね、今日は」とかなっちゃって「朝飯行こう」とか言い出したり。こっちが釣り人のモチベーション上げないといけない感じです・・・。

F! 先ほどとはまったく逆ですね。

X 当然夕まずめも短いですよ。早々に夕飯とか風呂とか(笑)。ま、釣っていたらそれでいいんですけどね。釣れないと、もう目も当てられませんよ。書くこともない、写真もないみたいな状態で・・・。

F! ただ、その手のタイプのアングラーは、なんだかんだで最終的には釣るって人も多いように思うんですが。

X そうなんですね。この手のタイプって年配の人が多くて、意外と短時間集中タイプだったり、時合をわかっているタイプだったりするんで。丸3日間釣れなくてこっちがダメだと諦めてたら、最終日の最後の最後で釣ったりとか。で、「釣れるとしたら、このタイミングって思ってたよ」とか言う。それなら、最初からそう言ってくれって感じですよね(笑)。

 

【体力勝負型】24時間釣りっぱなし、突然の長距離移動宣告・・

F! その逆の諦めが悪いアングラーもいますよね。

X います(笑)。朝から始めて半日くらいのつもりでいたのに、結局終わったのはその36時間後とか。こっちも体力が持ちませんよ。千葉で釣っていたのに「これから愛知に移動です」とか普通の顔して言われると、ちょっと堪えますよね・・・。

F! 以前、雑誌の編集をやっていたときに無謀にも「プロアングラーに24時間密着」的な企画をやってしんどかったのを思い出しました・・・。

X ダメでしょそんな企画出しちゃ(笑)。「オヌマンの野望」もかなりハードそうですけど。

F! あれは危険ですね。正直「オヌマンの野望」のロケがある月は憂鬱ですから。その分、終わったときの開放感は凄まじいですけどね。

X だと思った(笑)。

 

【その他】

F! 他はどんなタイプがいます?

X 一見クールなんだけど内心はめちゃくちゃ負けず嫌いなタイプとか、取材班・撮影班に細やかに気遣ってくれてその場の雰囲気を良くしてくれるタイプとか。まあ、実際には結構普通な人がほとんどですよ。個性が強い人も中にはいますけど、だいたいの人は常識的で節度を持った行動してくれます。

F! たしかに。あと、FISHING STATION!もそうですけど、雑誌とかテレビに出ているようなアングラーはやはり釣りが上手ですよね。

X それは間違いないですね。長い間この仕事していますけど、やっぱりメディアアングラーはほんとに上手です。理論派、直感派などいますが、皆釣りが大好きで、それが故に本当に色々なことを考えながら釣りをしていますよね。なんだかんだ言いましたが、その部分については本当に尊敬すべき部分だと思います。