出た! ショアから5240gの巨大アオリイカ

2016/01/13
総合 その他
岸釣りとしてはまさに「記録級」。シャクレイジーのメンバーの執念が実った1杯。

シャクレイジーの木森直樹さんが快挙

1月11日夜、和歌山のエギング集団「シャクレイジー」のメンバー・木森直樹さんがとんでもないサイズのアオリイカをショアから釣り上げた。重量5240g、胴長55cmの特大モンスター。現地での測定時には5400gあったといい、岸から釣り上げたものとしてはまさに「記録級」といえるサイズ。離島のボートゲームなどでは5kgオーバーが釣り上げられることもあるが、和歌山の岸釣りでこのサイズが出たことにシャクレイジーメンバーの面々も一様に興奮を隠せない様子。彼らのこれまでのエギングに対するストイックで神経な姿勢が今回のこの記録をもたらしたと言えるが、メンバーによると今後「挑戦はまだまだ続く」とのこと。今後の彼らの動向からますます目が離せなくなりそうだ。

文=F!編集部

 

シャクレイジーブログはこちら