辻本ナツ雄|キジハタ夏期講習 第2回

2014/07/16
総合 テクニック
旬のキジハタゲーム。辻本ナツ雄さんが最も多用するテクニックとは。

文=辻本ナツ雄

実績No.1の「スイムキル」

こんにちは。キジハタ夏期講習も今回で2回目。前回はキジハタという魚についてお話したので、今回からは釣り方についてご説明していこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

今回紹介するのは「スイムキル」というテクニック。これは僕が考えたリグ(仕掛け)を使ったもので、主にストラクチャーまわりに付いたキジハタをピンスポットで狙うテクニックです。ランカーサイズのキジハタの実績も多く、僕自身とにかくよく使うテクニックでもあります。

 

【リグの作り方】ウキ止め→シンカー→ビーズ→フロート→フックの順で

さて、肝心なリグの作り方からご説明しようと思います。まずリーダーの先から約40cmの位置にウキ止めゴムを付けます。続いてテキーラシンカー(オフト)、ビーズ、フロート(シモリウキ。テキーラシンカーに付属)を順番に通し、その先に2/0サイズのオフセットフックを付け、ワームをセットします。それぞれがどのように機能するかということについては、後ほどご紹介します。

 

【使い方シャクリ上げて、一気に沈めます

さて、ひと通りリグをセットしたら、キジハタがいそうなストラクチャーまわりにリグを投入。ボトムまでリグが到達したら、そこからツンツンツンツンとロッドを3時の位置から12時の位置まで細かくシャクリ上げて、そこから糸フケを出して一気に竿先を水面付近まで下げます。

 

【アクション】フロートの効果でワームがゆっくりフォールします

水中でリグがどのように動いているかというと、ツンツンツンツンとリグが上がっていって、竿先を下げた瞬間に急激にフリーフォールします。注目していただきたいのは、このフリーフォールの瞬間。先ほどリグを組む手順を説明したときにフックの手前にフロートを付けましたよね。テキーラシンカーは先にストンと沈んでいきますが、ワームはこのフロートの効果でブレーキがかかって、ゆっくりゆっくり沈んでいきます。ツンツンツンツンという激しいアクション(スイム)からの、一転したゆったりとしたフォール(キル)。これこそがスイムキルの狙い。このギャップにキジハタがリアクションでバイトしてくるんです。また、ゆっくりと時間をかけて沈むので、ワームをキジハタに見せる時間を十分にとることができ、バイトするチャンスも増えるんですね。

いかがだったでしょうか。スイムキルはボクの最終手段とも言えるテクニックです。絶対ここにいる!というときに、シャクリとフォール、このメリハリを意識してぜひ使ってみてください。

 

スピニング用タックル
[ロッド] オフト|スモーキー ギブス73S 
[リール] シマノ|BBXハイパーフォース2500DXG
[ライン] バリバス|ハイグレードPE 1.5号
[リーダー] バリバス|VEPショックリーダー20lb.

ベイト用タックル
[ロッド] オフト|スモーキー ギブス78Bスモーキー ギブス73S 
[リール] シマノ|エクスセンスDC
[ライン] バリバス|ハイグレードPE 2号
[リーダー] バリバス|VEPショックリーダー20lb.

 

[バックナンバー]
辻本ナツ雄のキジハタ夏期講習 第1回