奥津剛|夏。メタルジグ・アジングの季節

2014/07/24
総合 テクニック
各地で梅雨明け。夏のアジ釣りをメタルジグで楽しむ。

文=奥津剛

メタルジグでアジングを楽しむ

日差しも厳しくなるこの季節、私はマズメにサクッとアジングゲームを楽しんでいます。私の住む伊豆半島ではライトゲームを楽しむアングラーが極端に減少する季節ですが、時間とタイミングを間違わなければ誰でも簡単にアジングを楽しむことができます。今回が夏のアジングについて私なりの楽しみ方をご紹介しましょう。

 

夏アジはマヅメ狙いが◎

5~6月が産卵期であるアジは7月に入るとアフタースポーンを迎えます。産卵で消耗した体力を補うためか、シラスなどの小魚を捕食するようになります。潮通しの良い堤防周りで群れをなしてベイトフィッシュの回遊を待つ個体を狙います。特にマズメ時はアジの活性が著しく高くなる絶好のチャンスです。

 

遠投有利なメタルジグの特性を生かす

ベイトの回遊が多くなりアジの活性が高くなるシーズンですが、アジがストラクチャー等に居つくわけではないのでポイントの絞り込みが難しいシーズンでもあります。このようなシーズンに役に立つのが3~12gほどのメタルジグです。メタルジグは遠投もでき様々なレンジを幅広く探ることができるため有利に攻めことが可能です。この性能を利用して広範囲にアジの居場所をサーチします。私は変則的な平打ちフォールとタダ巻きで自動的にウォブンロールアクションを発生させることができるアフターバーナーミニ3、5、7、12gを状況により使い分けています。

 

カウントダウンで探る。大きなジャークはNG

基本は表層から攻めカウントダウンして探りますが、アジの口は薄くバレやすいためあまり大きなジャークアクションを必要としません。アクションはアジングのジグヘッドリグ単体の基本メソッドであるL字釣法を少し早めにやる方法でアジのバイトを誘います。レンジをカウントダウンで探りながら早いテンポで釣り歩きます。

 

フックシステムで激的に変わるフッキング率

アジ釣りはアジの口の形状ゆえエサ釣りでもルアー釣りでもバレやすい傾向にあります。私がご紹介させていただいたメタルジグでのアジングもバラシをいかに軽減するかが数・型ともに伸ばす秘訣です。バラシ所謂、フックアウトが多発するとアジのルアーに対する見切りが早くなり、最終的には群れが散ってしまう可能性もあります。そこで私はテールフックにマイクロWクロウを装着してバラしを軽減しています。さらに活性が高く群れで追尾してくる場合はフロントにマイクロクロウを装着することでフッキング率が飛躍的に上昇するためおすすめです。

夏のアジングは時間とタイミングが勝負です! 涼しい時間に効率よくゲームを楽しんでみてくださいね。

 

奥津 剛
大学・大学院で培った魚の生態学的知識を釣りにフィードバックするロジカルなフィッシングスタイルに定評。現在はルアーフィッシングメーカー、XESTAで新製品の開発に携わる。