金丸竜児|この夏ハタゲームを始めませんか?

2014/08/07
総合 テクニック
マハタ、アカハタ、オオモンハタなど、ターゲットは実に多彩。金丸竜児さんがハタゲームの基本を教えます。

文=金丸竜児

アカハタ、マハタなど、様々な種類のハタが狙える

暑い日が続きますね。皆さんお元気ですか? 今回は、僕が毎年この時期に楽しんでいるハタゲームをご紹介しようと思います。九州方面では、アカハタ、オオモンハタ、マハタをメインに、アオノメハタなどのちょっと珍しいハタ類も釣れたりしますが、ここ数年、僕がやっていて感じるのが、ハタの魚影が年々濃くなっていっているということ! 黒潮の動きや水温の上昇によるものだと思うのですが、以前より釣れる数も、サイズも、種類も増えていると感じます。

 

「黒潮」が当たる水深5m以上の場所

さて、狙うポイントについてお話しようと思いますが、これらのハタに共通していえることは、「黒潮が当たる場所」が良いということ。ウェブサイトなどで黒潮の動きを見て、なるべく黒潮がダイレクトに当たる場所を見つけるといいと思います。水深は5m以上ある場所がよく、アカハタとマハタは岩礁帯に多く、オオモンハタは岩礁帯でなくても普通の防波堤でも意外とよく釣れますね(足下の敷石まわりにも多い)。僕の感じとしては、アカハタが一番深い場所に多く棲息しているように感じます。

 

ハタの凶暴な性格に合わせたルアーの使い方

狙い方は、ハタの性格を意識して誘いをかけるのが大切です。ハタは非常に凶暴な性格なので、とにかく目立つものに襲いかかります。ですので、僕はルアーについては飛距離重視のメタルジグを選択しつつ、フラッシングによるアピールが非常に強いオーシャンルーラーのガンガンジグ2を使っています。アクションはとにかく激しく、派手にジャークして。フォールについても、ヒラヒラフォールしてジグがフラッシングするようにフリーフォールで落としてください。ちなみにハタはメバルのようにボトムから少し浮いていることもよくあります。ですので、ジャーキングを始める前にリールを巻いて少しレンジを上げてから狙ってもいいと思いますね。

 

ファイトはとにかくゴリ巻き!!

さて最後はファイトについて。これは、とにかくゴリ巻きです!! ハタ類はヒットすると根に潜ろうとするので、これを阻止するためにとにかくリールを巻いて根から離してください。とにかくヒット直後からゴリ巻きです!! タックルもエギングロッドやシーバスロッドなら硬め、ライトショアジギングロッドがあると安心ですね(リーダーは3〜4号)。ハタはいる場所といない場所がはっきりしているので、一匹釣れると、ふた桁くらい釣れることもよくあります。まずは、ポイント探しからですが、暑さに負けず頑張ってみてください♪