ファンキー山岡|ヒラスズキ万感9月編

2014/09/25
総合 テクニック
ヒラスズキ釣りのポイントについて、ファンキー山岡さんが思うこと。

文=ファンキー山岡

いよいよシーズン開幕間近です

いよいよ磯ヒラスズキのシーズンに突入する時期になりましたが、今年はどうやら少々遅目の進行のようです。台風のウネリが届く頃に磯に撃ちに行ったアングラーから「出たが小さい」との連絡が入った。「今年の磯ヒラスズキゲームのシーズン出だしは残念なことに少々サイズが小さい」ということであったが、それ以上の詳しい情報を聞くことは控えておいた。なぜか? 今回はまずその辺りのことについて少しお話させてもらえればと思います。

 

ヒラスズキのポイント情報について

磯ヒラスズキは隠密な釣りとされていた(る)。他人がこの釣りの魅力を存分に味わえるように必要以上の情報を言わない、聞かないアングラーが多い釣りです。黙ってソっと行き、サクっとヒラスズキ釣りを楽しみ、スっと帰る。例えば僕の言う「いつものヒラスズキ」とはかなりの確率で同じピンに付いているヒラスズキのこと。キャッチして持ち帰っているのに次の釣行でもソコにヒラスズキが付いている。

 

ポイントを見つけることは、この釣りの大きな魅力のひとつです

もちろん潮位やその他の要素を合わせての話だが、よほどそのピンが「種のお気に入り」なのでしょう。もちろん僕がしつこく言っている「コースマネージメント」で狙って獲るので、誰が撃っても出るっていうものではないですが、そんなピンを聞いてしまったり、教えてもらったりしたら、これはもう「面白くない」のではないのではないでしょうか? そこを探し歩くことがこの磯ヒラスズキゲームの大きな大きな「楽しみ」なのですから!

 

磯のナイトゲームについて伝えておきたいこと

さておき今現在は河川や河口が熱く、落ち鮎の落ち加減もあって「大型は川絡み」の状態が続いている様子(地域のより)。いずれもナイトゲームで磯ヒラスズキゲームとは大きくゲーム性は異なる。とはいえ同じヒラスズキ、美しく超カッコイイ魚体にニンマリするのである。僕がヒラスズキを持っている写真を見ると「磯」をイメージしてくれる方が多いようなので、ここで安全のためひと言添えておくことにします。磯での夜釣りもありなのですが、磯でのナイトゲームに「サラシ」は必要ありません。早い話、あの「荒れた海」ではなく「凪」で良いのだ。いや「凪の日」に実行するゲームといっていいでしょう。夜の磯ヒラスズキはサラシではなく、いい流れを釣ることが重要な釣りなのです。

 

この秋はどんな出会いがあるのか

写真の魚は少し前のものになるが、僕のちょっとしたメモリアルフィッシュ。これもナイトゲームで獲った魚です。こうした魚に出会えるのも事実ですが、やはり昼間の倍以上の注意が必要で、ときには「諦めなくてはならない」こともあるのです。なんだか説教臭くなってしまいましたが、いよいよ磯ヒラスズキもシーズンが始まります。ケガなどのないよう、最高に面白いこのゲームを思いっきり楽しみましょう! この秋はどんな魚との出会いがあるのか。いまからワクワクが止まりません。

 

ファンキー山岡
ヒラスズキ釣りのスペシャリスト。サラシ、波、流れ、ストラクチャーなど、複合的な要素をインプットし、そこから理想的なルアーのトレースのコースを導きだす「コースマネージメント論」が多くのアングラーに支持される。

バックナンバーはこちら