奥津剛|ワインドで狙う秋のライトターゲット

2014/11/07
総合 テクニック
多彩な魚種を狙える晩秋のワインドゲーム。

デイゲームで狙う晩秋のライトターゲットたち

秋のライトゲームシーズン真っ盛りですが皆様どのような釣りを楽しんでいらっしゃいますでしょうか? 私はこの時期だからこそターゲットを定めずライトゲームでどこまで多くの魚種をゲットするかをテーマに釣行しております。そんなお気楽気ままなライトゲームの楽しみ方について今回は「デイゲーム」をテーマに書かせていただきます。

 

ターゲットは多彩なフィッシュイーター

ライトタックルで遊んでくれる魚は私達の身近な場所に多いものです。メジャーなところでいうとセイゴやカマス、カサゴなどはその代表で足場の良い堤防でも釣れ、地域によってはハタ類やメバル、ソイ、チヌなどもターゲットに入るでしょう。私の住む伊豆半島では超高級魚のムツの幼魚も顔を出します。

 

ロッド一本で楽しむ

ライトゲームは近年非常に進化してきており、とりあえず一本タックルを持っていれば何でもできてしまうほど優秀な道具が増えています。7フィート前後のライトゲームロッドに2000番台のリールに0.3号程のPEラインを巻けばロックフィッシュから小型青物まで対応できるはずです。私は今季発売予定のブラックスターTZ Tuned S66の一本で楽しむことが多く、チューブラーブランクスならではのバーサタイル性により魚種問わずライトゲームが楽しめます。

 

ライトターゲットをワインドで狙う

釣り方に関しては夜間であればジグヘッドのただ巻きなどで楽しめる場面もありますが、デイゲームでの勝算はかなり低め。そこで「ライトワインド」「マイクロワインド」などといわれるワームを積極的に動かして狙う釣りが有利になります。ただしワインドとはいってもいわゆるタチウオのワインド釣法のようにワンピッチワンジャークで狙うのではなく、竿先を10cm前後小さく素早く動かすイメージでワームを動かします。コツはアクションのあとに竿先をしっかり止めること。最近のワインド用ジグヘッドやワームはよくできているものが多く、止めたときにすぐに沈下し始めるのではなく水を受けてスライドするように動いてバイトを誘ってくれます。

 

なぜワインドが強いのか?

これは私感ではありますが、こうしたワインド釣法がライトターゲットに効果的なのはルアーの動きが「コペポーダ」といわれるカイアシ類が関係しているのはかいかと考えています。実はワインド釣法のワームの動きとコペポーダの動きは非常によく似ているのです。コペポーダはタイトゲームのターゲットがずっと小さいときに捕食する微生物ですが、その動きが魚たちの記憶のどこかに残っていて目の前で似た動きをするルアーがあると思わず本能的に飛びついてしまっているのはないかと推測しています。

 

ルアーセレクトについて

ちなみに私が使用するジグヘッド&ワームはスターヘッドタッチダウン+スターワームダートスターの組み合わせ。その他にもブラックホークを使用したボトムゲームも根魚をはじめとした様々な魚種が釣れるためお勧めです。ここ最近ですと今季発売のアジ・スプーンを使用したスプーンリグで様々な魚種が釣れることが分かり必ずバッグに忍ばせています。さて皆さんもこれからのシーズン、ライトタックル一本で気軽にお近くの漁港や小磯へ遊びに行ってみませんか?

 

奥津剛
大学・大学院で培った魚の生態学的知識を釣りにフィードバックするロジカルなフィッシングスタイルに定評。現在はルアーフィッシングメーカー、XESTAで新製品の開発に携わる。

バックナンバーはこちら