サーフは「巨メバルの巣」だった

2014/12/19
総合 テクニック
先週尺サイズを10本獲った猛者が教える「サーフメバル」の極意。

文=幸田樹典

圧倒的穴場感。尺クラスの数釣りが可能

こんにちは、幸田樹典です。いつもご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。連載企画も今年はこれが最後となりましたが、今回はいままさにハイシーズンに差し掛かっている「サーフメバル」についてご紹介したいと思います。さて、この釣りの魅力は何といっても釣れるメバルのサイズ。アベレージは28cmくらいで尺前後も割と簡単に釣れ、スレていない魚が多いためそんなサイズの数釣りが楽しめることもあります。先週も尺サイズが計10匹釣れていて、サイズについては昨シーズンですが34.5cmまで出ています。

 

ランカーメバルが付くサーフとは

毎年この時期にシーズンが始まるメバルですが、磯やゴロタ場、堤防だけでなく「サーフ」でも意外とメバルは釣れます。例えば僕の住む三重県南部には七里御浜という広大なゴロ石サーフがありますが(この連載でも度々サーフでの釣果を紹介しています)、ここもサーフメバルの非常にいいポイントです。特徴としては、写真2枚目でもわかるようにやや大きい玉石のサーフで、波打ち際から急激に深くなっていて手前の水深で1m50cm程度、そこから徐々に沖に向かって深くなっています。そしてサーフには所々に沈み根やテトラ帯、小さな河口等の変化があり、そこに様々な魚が付いていますが、こういったタイプのサーフがサーフメバルに適した場所になります。

 

サーフのどこを狙えばいいのか

そんなサーフの中で、僕がいつも狙っているのはズバリ「沈み根」です。一見何の変哲もないサーフですが、実は海底には岩礁帯が入っていてそういった場所にメバルは付いているのです。昼間に偏光グラスで海底の形状をチェックしたり、よく根掛かりする場所を覚えておいたりするといいですね。

 

特殊なリグでアプローチ

さて、そんな場所を狙うとしてどのようなリグでアプローチをすればいいのか? このサーフメバルゲームで、僕は少し特殊なリグでアプローチします。簡単にいうと「ウキ釣りジグヘッド」といったところでしょうか。まずはライトゲーム用のフロート(浮くタイプ)をセットし、その下にヨリモドシを付けてリーダー(潮位に応じて40〜50cm)、2〜3gといったやや重めのジグヘッドをセットします。一般的にフロートを使用する場合は軽めのジグヘッドを使用すると思いますが、重めのものを使用するのが僕のサーフメバルスタイルの基本です。

 

ウキ釣りのイメージで根をタイトに攻める

狙い方については「キャスト後スロー巻き」という一般的なメバル釣りとは完全に異なります。先ほどもお話したようにウキ釣りの要領で根の上までフロートを持ってきて、そこからちょんちょんロッドティップをシェイクさせて水中のジグヘッド&ワームで沈み根を一点攻めします。感覚的にはフロートの下のジグヘッドをボトムノックさせるイメージでしょうか。だいたいこのシェイク中にバイトが出ますが、ルアーをボトムノックさせながら沈み根周辺にある海藻等に引っ掛けてアクションさせているといきなり強烈なバイト出ることもあります。

 

強引さが求められるファイト

バイト後は一気に巻き取ります。やはり相手は根魚なので、潜られたり磯にラインが擦れたりしないようにバイト後は一気に寄せることが大切です。波打ち際では波と一緒のタイミングで一気にズリ上げます。

 

使用するワームについて

なお、使用するワームについては、今の時期のサーフはシラスなどのベイトフィッシュが多い状況なので、なるべくベストマッチなワームをセレクトしたいところです。僕が最近愛用しているのがフィッシュアローから発売されている「フラッシュJ 1インチSW」です。まさにリアルベイトという作りですが、シラス等にサイズもベストマッチ。今シーズンもサーフメバルで大変活躍してくれています。

 

前回の釣行でも良型をキャッチ

なお、写真は前回の釣行のもので30.0と30.5cmをキャッチすることができました。これからさらに良いシーズンになるので、さらなるサイズアップを目指して頑張りたいと思います。ぜひ、皆さんも「穴場」のサーフで巨大メバル釣りを楽しんでみてはいかがでしょう? 最後に今年から色々な釣果や釣り方を紹介させてもらいましたが、来年もまた色々な情報事をご紹介できればと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします。それでは、良いお年をお迎えください。

 

幸田樹典
三重・尾鷲在住。アジを中心に、ブラックバス、フラットフィッシュ、青物など様々なターゲットを狙う。近年はボートアジングの開拓に注力。バレーヒルのフィールドスタッフ、ドレスモニターも務める。

バックナンバーはこちらから

 

使用タックル
[ロッド] ゼスタ|ブラックスターS78S
[リール] シマノ|バイオマスターC2000HGS
[ライン] サンライン|PEエギ HG0.4号
[リーダー] サンライン|Vハード1.75号(または1.2号)40〜60cm
[フロート] キザクラ|ラグビーボール小(10g)
[ジグヘッド] カルティバ|クロスヘッド2〜3g
[ワーム] フィッシュアロー|フラッシュJ 1インチSW