ファンキー山岡|ヒラスズキ万感 5月編

2015/05/08
総合 テクニック
プロデューサーが釣った魚をファンキーさんが分析。これは磯場に入ってきたばかりの個体と思われる。

文=ファンキー山岡

少しずつ夏が近づいてきた!

皆さんこんにちは! いよいよ磯歩きも熱中症に注意しないとダメな季節ですね。そして磯ヒラスズキゲームのシーズンのラストです。俺が磯ヒラスズキを楽しませてもらっている和歌山県においては、もう別の楽しみへとシフトしていく準備です。それはあくまでも自然相手ですから「もう少し」できる年もあるわけで!となるとワクワクがもう少し磯ヒラスズキで得られる感じです。それは低気圧任せってことでもあるのですが、サラシは薄くなっていきます。まぁ台風の知らせでも聞こえてくれば話は別ですが、ソレはソレとして薄くなっていくサラシに難しいゲーム性を楽しむってことです。

 

それでも俺はデイゲームが好きなのだ

少し書き加えると、薄いサラシは時合的要素も重要度を増すわけです。それは彼らのマズメ意識が一番に出てくる訳です。暗いうちなら簡単に釣れちゃいます。でもそれは夜釣りですから「他のゲーム」なんですよね。サラシのエッジって俺はたまに言いますが、それは「シャドーエッジ」のことです。これ理解していただける方は上級者でしょうね。俺はサラシと地形に「太陽の位置」を追加して考えています。それに流れを追加したり、その逆でサラシと地形に流れで追加に太陽の位置だったり。だからデイゲームが面白いのです。やはり俺はデイゲームの「ここ」っていうピンスポットでヒラスズキを釣りたいのです。

 

ヒラスズキの「日焼け」について書いてみたい

さて、今月は御日様について書いた流れで「日に焼けたヒラスズキ」の話をしてみたいと思う。沖のドロップオフ等にはヒラスズキがイッパイいるとダイバーの友人に聞いたことがある。そこから磯がサラシたときに「磯に来てしまう性格を持った個体」だけが磯に刺してくる。その初日に釣れた個体は「鱗が紫色に光って見える」ヤツだと俺は考えている。そう、日焼けをしていない魚は眩いばかりに紫だ。そして、次の日が「めっちゃシルバー」そしてその次の日が「シルバー」。そのあと三日くらいで「黒く」なっていく。

 

焼けた個体=薄いサラシについたナーバスな魚だと思っている

タイドプールに長い時間つなげておいたヒラスズキはアッという間に黒くなるよね。それは、いかにヒラスズキが普段太陽に当たっていないかということを物語っていると思う。あれはまさに日焼けだよね、日焼け! そう考えると俺の推理も当たっているんじゃないかなと思うのです。現にサラシの薄い日は焼けた感じの個体が釣れることが多い。釣りたてホヤホヤで黒い個体は薄いサラシについたナーバスな個体だと判断しているのです。あっ、あくまでも俺はそう考えてるって話ね。水産資源として「ものすごい経済効果」があるのなら、専門分野の学者さんが調べるんでしょうね♪ ということで今回はこのあたりで。ちなみに写真の魚はFISHING STATION!のプロデューサーさんが釣った魚。1枚目はいかにも入ってきたばかりの魚で、ちょっと紫が入っているよね。2枚目はかなり焼けた魚。スローな戦略で口を使わせたナーバスさんだ!

 

ファンキー山岡
ヒラスズキ釣りのスペシャリスト。サラシ、波、流れ、ストラクチャーなど、複合的な要素をインプットし、そこから理想的なルアーのトレースのコースを導きだす「コースマネージメント論」が多くのアングラーに支持される。

バックナンバーはこちら