山内勝己|東京湾ナビゲーター 7月編

2015/07/13
総合 テクニック
これからが最盛期。シーズンのリバークロダイゲームを120%楽しむために知っておきたいこと。

文=山内勝己

今月は「クロダイゲーム」をさらに掘り下げて解説していきます

こんにちは、山内勝己です。今月の東京湾ナビゲーターは先月に続きクロダイゲームのお話をさせて頂きたいと思います。前号でも書かせて頂きましたが、私のホームの関東・東京湾では現在、河川がルアーでのクロダイゲームのメインフィールドとなっているのですが、その中で釣果に繋げる幾つかのキーワードを今回はもう少し掘り下げて解説させていただきたいと思います。

 

【キーワード1】沈みテトラやゴロタ石など「沈みストラクチャー」をタイトに

河川でのクロダイを狙う際、どの様なエリアが良いか? またそこでどの様な攻め方が有効なのでしょうか? 河川でクロダイは沈んだストラクチャーに依存し居着く場合が多くあります。具体的には沈みテトラやゴロタ石が代表的なものとなります。攻め方としてはリアクションでバイトを誘うのですが、ストラクチャーにい対していかにタイトに攻められるかでバイトの数は大きく変わってきます。どんな時にバイトが多いかというと、ストラクチャーにルアーが当たりルアーがバランスを崩した時に多くあります。

 

根がかりを軽減させるために

ただ、この様なシチュエーションで攻める場合、どうしても根がかりが多くなるのがネックになります。根がかりを極力軽減させる方法としては、ルアーがストラクチャーに当たったのかクロダイのバイトなのか分かりづらいこともありますが、バイトかな?と思ったら即アワセするのでなく、聞きアワセをするようにします。バイトであれば引きを感じるのでそのタイミングでスイープにアワセを入れても遅くなく、また仮にルアーが根に引っかかっていたとしてもルアーを外せる確率がグンとあがります。また、根がかり対策としては、フックをダブルフックやシングルフックに変えるといった工夫も有効になります。

 

【キーワード2】サンドバーやブレイクなど「地形の変化」はボトムをしっかり意識

続いての河川でのクロダイゲームで狙い目となるポイントがサンドバーやブレイクなど地形の変化です。これらの場所を狙いときにまずキモとなるのが、ボトムにしっかりとルアーをコンタクトさせてアプローチさせること。私のホームの東京湾ではフィールドやシチュエーションでバイブレーションがとても有効なルアーとなるのですが、ボトムをしっかりととって砂煙をあげるイメージでボトムを擦ってアプローチします。

 

食わせの間は「リトリーブ」で調整

このパターンの場合はルアーを巻き続けるのも有効なのですが、時おり食わせの間を与えてあげるのもやはり有効になります。ロッドをあおってアクションさせるのでなく「リトリーブを一瞬止める」だけで十分な誘いになります。無駄なロッドのあおりはスレがかりにも繋がるので、バイブレーションでのアプローチの場合リトリーブ変化で十分です。

 

【キーワード3】釣れる「潮位」を知る

これにもう一つ釣果に繋げるのに大切なことは、タイミングと潮位、この2つを意識することです(最初に書いた様に沈み根やストラクチャーに着いたクロダイを狙うことから特に)。例えば、良く行くポイントでどの様なタイミングでバイトが多いか? 干潮前後なのか、下げ始めなのか? また、どのぐらいの潮位がベストなのか? これらを釣果のあった時など覚えてより良いタイミングでポイントに足を運べばより釣果に繋がるかと思います。

 

最後に

最後になりますが、関東でのクロダイゲームは西の地域に比べたらまだまだ発展途上な釣りになります。現在は先に書いた様にシーズン的な釣りであり、フィールドも河川がメインになっております。ですが、クロダイは1年を通して狙えるターゲットになります。私自身まだまだ勉強途中で開拓をしている最中なのですが、逆を返せばまだまだ開拓されきれていない魅力のあるターゲットだとも言えますので、ぜひ皆さんにも開拓心をもって向き合って頂きたいターゲットだとも私は思っております。昨今はとても素晴らしい情報社会、情報だけに頼る釣果がすべてでなく、クロダイは釣りの楽しさを改めて教えてくれるターゲットでもあるのではないかと私は思っています。ぜひ広い視野でクロダイゲームを楽しんで頂けたらと思います。

 

山内勝己
最低週3回の釣行を欠かさず、膨大なデータに基づいた旬な情報を皆さんにお届けする本企画のナビゲーター(案内人)。東京湾のシーバスシーンでいま最も注目を集めるアングラーのひとりで、論理的なスタイルと謙虚な人柄から多くのファンを持つ。ロンジン・フィールドテスター、ティムコ・プロスタッフ、他多くのメーカーのサポートを受ける

バックナンバーはこちら

 

タックルデータ
[ロッド] ティムコ|ジャンピングジャックゼル93
[リール] ダイワ|セルテート2510PE-H
[ライン] ダイワ|UVF SWセンサー+Si 0.8号
[リーダー] ダイワ|モアザンリーダーフロロ16LB.
[ルアー] ロンジン|キックビート55