山内勝己|東京湾ナビゲーター 12月編

2015/12/16
総合 テクニック
多くを考え、そして多くを学ぶ。自分がそれまでに得た経験をフィードバックする絶好の機会がランカーシーバス狙い。

文=山内勝己

ランカーシーバスを釣るために知っておきたいこと

FISHING STAITIONをご覧の皆様こんにちは、山内勝己です12月となり早いもので2015年も残り僅か、皆さまこの一年の釣りを振り返りどうでしたか? 良い釣りをされましたでしょうか? 私は毎年のことですが相変わらずのバタバタとした一年で(笑)。忙しい一年でしたが、釣りという遊びに癒され一年を乗り越えられたかと思います。毎月書かせて頂いている「東京湾ナビゲーター」も今年最後の更新となり、今月の内容はOプロデューサーからの依頼で「ランカー」をお題にということで「ランカーシーバスを狙うには?」こんな内容で今年最後の「東京湾ナビゲーター」を〆させて頂きたいと思います。

 

ランカー狙い=確率を上げる作業

そこで、今回のお題に対してテクニック的なことではなく、まずは私の中でのランカー狙いに対する考え方、また意識していること、そのような思考的な内容を書かせて頂きたいと思います。まず、私の考えとしてこれは聞かれると必ずこの答えをお返しするのですが、「確立を上げる作業」を重視しています。「確立を上げる作業」とは? これはランカーシーバスに近づくのに、様々な要素を一つ一つ足していき確立を出来るだけ上げることです。

 

確率を上げる=各種要素をなるべく多く知ること

例えばデカい魚が釣れるフィールド、またはポイントを知るというのは当たり前のことのようですが、大切なひとつの要素です。そのフィールド・ポイントのベストシーズンであったり、ベイトの動き、入れ替わり、潮位や上げや下げ等のタイミング、雨や風などの天候的な要素、また河川であれば繋がっている本流河川やダムなどの放水量であったり、事細かく挙げると本当にたくさんの要素があります。それらの要素がマッチすればするほどデカイシーバスに出会える確率は上がり、当たり前のことですが、どんなに素晴らしいテクニックを持っていてもこれらの要素を知らなければ確率はグンと下がります。逆にランカーに適した沢山の要素を知っていれば確率はグンと上がります。

 

「初めての場所でランカーを狙ってくれと言われたらほぼ無理です笑」

以下のような例えだとご理解頂きやすいかと思いますが、例えばいきなりあるポイントに連れていかれ「ここで今ランカーを釣って下さい」なんて言われたらほぼ無理です(笑)。もちろん、その場で集められるだけの情報を集め、デカい魚が着くならこんな場所ではないかな?などという努力はしますが、なかなか難しいかと思います。でも実はここでも要素集めをしています。集められるだけの情報、これはルアーをキャストして地形の変化、ベイトの存在、先に書いたデカイのが着きそうな場所、これらがひとつひとつの要素になります。取材等でランカーを釣って下さいと言われたら、それこそ確立を上げる作業に一生懸命になります。ポイントセレクト、シーズン、タイミング等々、要はこれらもひとつひとつの要素を足していき出来る限り確立を上げていく作業をしていきます。

 

PAGE2|ランカーにはランカーへのアプローチ法がある