木村仁|メーターへの道 第20章

2016/05/13
総合 テクニック
大河を遡る巨大シーバスを狙った第20章。

文=木村 仁

春。メーターシーバスへの距離は近づく

この時期になると、水田地帯を流れる小さな小川沿いには黄色に染まる菜の花が目に飛び込んできます。小川の小さなターゲット、タナゴも婚姻色が出ていて見所ですが、シーバスも春のポカポカ陽気で河川の遡上が始まる季節となりました。茨城に住む私は春の季節に遡上してくるシーバスを釣るのを毎年楽しみにしている一人。というのも、冬の間地元河川から離れていたシーバスも少しずつ戻り初め、春はランカーシーバスに出逢いやすい時期でもあるからです。

 

夢の大河

茨城を流れるシーバスリバーは、千葉との県境を流れる利根川、中央エリアを流れる那珂川、北部を流れる久慈川が代表的で、那珂川には支流である涸沼水系が存在します。どのフィールドも春からシーバスの遡上が始まる河川ではありますが、この時期良く通いだすのが利根川水系です。利根川水系は言わずと知れた日本第2位の長さを誇り、大河川ゆえにポイントも絞りにくく、アングラーを悩ませる時もありますが、夢がある大河川でもあります。水温の上昇と共に河川には多くのベイトフィッシュが増え始め、冬の間に川を離れていたシーバスはベイトフィッシュが遡上し始めるとそれにつられて河川を遡上してきます。それだけではなく、冬の間シーバスの体に付着した海ヒルや寄生虫を落とす為やベイトと共に淡水域まで遡上し秋まで過ごすシーバスもいて、そうしたシーバスの群れが河川に溜まりだすと運が良い日はランカーラッシュになることがあります。中にはメーターオーバーの個体が混じり強運とテクニックを持ったアングラーのみ極稀にキャッチするというのが春の利根川水系。私はその魅力ある利根川水系に足を運んでいました。

 

多様なベイトフィッシュが混在

フィールドに到着すると足元の護岸沿いにはハク(ボラの幼魚)、シラウオやサヨリなどが目に飛び込んできます。他にも川筋には大きめのボラが群がっており、いかにもメーターシーバスが混じっていそうな状況です。春にシーバスが捕食する代表的なベイトフィッシュである稚鮎はフィッシュイーターから身を守る為に護岸の隙間やストラクチャーに隠れてしまう為なかなか目視できないものの、時期や水温からして遡上も始まっていますし、シーバスも自然と意識して餌を捕ろうとします。そうした混沌とした状況下でシーバスを狙う際、私のルアーセレクトは12cm程のフローティングミノーを主に使用します。反応が無ければシンキングペンシル等のミドルレンジを探れるルアーを使ったりして色々ルアーを試していきます。

 

木村の戦略

4月中には何度か利根川水系を訪れ、80cmを超えるランカーシーバスをキャッチすることができました。時には釣友と一緒に並びながら釣りをしていてシーバスが連発する日もありました。釣行時のヒットパターンは流れも緩くルアーをアップ気味にキャスト。ルアーが着水と同時にラインテンションを張りデッドスローリトリーブで引いてくるとルアーがU字ターンした瞬間にランカー独特の抑え込むバイトが訪れます。そこで、すかさずフッキング。春のシーバスは遡上したてとは言えファイトは強烈です。慎重にファイトを楽しもうとするとカケアガリ付近にはゴロタ石等が沈んでいる場所が多いのでラインブレイクには細心の注意が必要です。ロッドの粘り強さを駆使し魚に主導権を与えない様にファイトします。流れが速い時はダウンクロスで流しているとヒットすることも多々ありました。

 

メーターは確実に川へやってくる

多種多彩なベイトが存在する利根川水系ですが、自然が相手なのでシーバスが回遊して来ない日は多々あります。しかしシーバスの群れに当たると数日間は群れが滞在するのが春の特徴。連日連夜通い詰めるロコアングラーも多く、やはりメーターオーバーのシーバスをキャッチすることを夢見て訪れている方も多い大河川。それが利根川水系のシーバスゲームです。私もその一人で、4月はメーターオーバーのチャンスが無かったものの、最高の魚に出逢い同じくメーターオーバーのシーバスを夢見る釣り仲間と楽しい釣りをすることができました。今回もメーターシーバスには出逢えませんでしたが、シーズンは始まったばかりです。安全第一でどんどんフィールドに通って少しでもメーターオーバーに近づいて行きたいと思います。

 

木村仁(きむらひとし)
いま最も注目される若手シーバスアングラーのひとり。1984年生まれ、茨城県在住。日々ランカーシーバスを追い、自己記録は102cm・11kg。本企画を通して人生2本目のメーターに挑む。愛称は「キムラックス」

バックナンバーはこちら

 

「メーターへの道」現在の最長記録:96cm

 

 

使用タックル
[ロッド] アピア|Foojin’XX GENEROUS94MLX
[リール] アピア|VENTURA3012LUNKER CUSTOM
[ライン] バリバス|アバニ シーバスPEマックスパワートレーサー1.2号
[リーダー] バリバス|シーバスショックリーダーナイロン25lb
[ルアー] アピア|ラムタラ バデル130
[ルアー] ポジドライブガレージ|フリルドスイマー115F
[ルアー] ポジドライブガレージ|ジグザグベイト80s