山内勝己|東京湾ナビゲーター 梅雨編

2016/06/30
総合 テクニック
バイブレーションの性能を引き出せてますか?

梅雨を制する「脱・バイブ一辺倒」のススメ

FISHING STAITIONをご覧の皆様こんにちは。山内勝己です。6月になり既に関東も梅雨入りとなりました。これから雨も多くジメジメとした気候は過ごしやすいとは言い難いですが、河川では雨後の濁りなどで良い釣りができることも多くあるかと思います。ただ雨後はチャンスではありますが、釣りは自然相手の遊びになりますので、絶対に無理なエントリーは避けて下さい。さて、本題に戻りまして今月の「東京湾ナビゲーター」は、今回もルアーローテーションのお話を書かせて頂きたいと思います。6月は潮回り的にも昼の潮の動きの方が大きくなり、デイゲームを楽しめる時期になります。このデイゲームで主軸となるルアーと言えばバイブレーションかと思います。私自身もバイブレーションは一番多用するルアーになるのですが、これまでにバイブレーションによるローテーションの話は書かせて頂いたので、今回はこのバイブレーションを含めた、また釣れるバイブレーションをより活かすためのローテション、こんな感じのことをメインに書かせて頂きたいと思います。

 

4つの側面から見た「バイブレーションの個性」

まず、アングラー側からシーバスの反応に合わせるためにルアーローテーションをしていくわけですが、そのルアーローテーションで意識することは4つあります。

1.レンジ
2.シルエット(ルアーサイズ)
3.アクション(波動)
4.スピード

これらを意識した中でどの様な場面でバイブレーションを使用するかというと、シンキングペンシルやシンキングミノーでは探れないより深いレンジを探る場面、速い釣りで誘う場合です。後者について補足すると、シンキングペンシルでは水面を割ってしまい、ミノーでは泳ぎが破城してしまう、そんな場面で速いスピードにも対応できるバイブレーションが使いやすく、また適したルアーとなります。この使い方やアプローチとしての考え方は先に書いた4つの内「レンジ」「スピード」の2つに当てはまります。

 

「脱・バイブレーション一辺倒」があなたの「バイブ力」を上げる

その他の2つの要素についてはどうでしょうか。バイブレーションが釣れる理由として一口サイズのシルエットも有りますが、バイブレーションの持つアクション(波動)が大きい理由だと私は思っております。バイブレーションの波動がシーバスに効くということ理解しているアングラーの方多いかと思いますが、意識してローテーションに組み込んでいる方はそれほど多くない様に感じます。例えば、昨今のバイブレーションはサイズ・ウェイト共にバリエーションも豊富で時にはバイブレーションだけでレンジ攻略が出来てしまう場面もあります。なので、フィールドに立ちデイゲームでは特に最初からバイブレーションを投げたくなるところなのですが、そこで先ず攻めたいレンジをバイブレーションの前に同じレンジを攻められるミノーやシンキングペンシル、またサイズも小さいミノーもシンキングペンシルも沢山あります。そこでバイブレーションのアクション(波動)を見せる前に、ミノーやシンキングペンシルで通してみるというのは、シーバスのその日の状況、反応を見る上でも有効で、またよりバイブレーションを効果的に活用できると考え、私は攻めるレンジに対してアクション(波動)も意識して取り入れる様にしています。

 

他のルアーのアドバンテージを知ること

また、例えばゴロタなど沈み根等の上を長くしっかりと引いてこようとした場面では、バイブレーションは巻けば上に浮いてくるので、一定のレンジを攻めるのにテクニックが時に必要になりますが、ミノーであればより長く攻めたい一定のレンジを引いてきやすく、攻めるという点ではミノーが勝る場面もあります。バイブレーションは釣れるルアーなのですが、バイブレーション一辺倒ではなく、先に書いたレンジに対してルアーのアクション(波動)を意識したローテーションを取り入れる事で、時に1本でも多い釣果や、よりバイブレーションの素晴らしいポテンシャルを活かせる事に繋がるかと思います。

写真の魚は、ゴロタ等の沈み根に着いたシーバスを狙っていたときのものです。しっかりと根の上を引いてくるためにシンキングミノーを使ってバイトを得たあと、同じ場所で波動を変えてバイブレーションで捕ったシーバスになります。

 

山内勝己
最低週3回の釣行を欠かさず、膨大なデータに基づいた旬な情報を皆さんにお届けする本企画のナビゲーター(案内人)。東京湾のシーバスシーンでいま最も注目を集めるアングラーのひとりで、論理的なスタイルと謙虚な人柄から多くのファンを持つ。総合釣り具メーカーのダイワ、ルアーメーカーのロンジンなどからサポートを受ける

バックナンバーはこちら

 

使用タックル
[ロッド] ダイワ|モアザンAGS 93ML “DEMON POWER COMMANDER”
[リール] ダイワ|イグジスト2510PE-H
[ライン] ダイワ|モアザン12ブレイド 0.8号
[リーダー] ダイワ|モアザンリーダーF 16lb
[ルアー] ダイワ|モアザンシリコンバイブ58S