木村仁|メーターへの道 第22章

2016/07/11
総合 テクニック
茨城県を流れる那珂川。今月も地元愛に溢れた、美しいテキストを届けてくれた。

雨の時期の醍醐味

梅雨時期に入り、釣行する度に雨でびしょ濡れになることが多くなってきました。アングラーにとって釣り辛いものの、関東では暖冬で雪不足となり利根川水系のダムの貯水率は平年の半分まで落ち込んでいる様ですね。梅雨に入って頻繁に雨が降っている様に思えますが、それでも暑い晴れ間が続く日があるのでなかなか補えない様です。一方の九州では大雨が続き土砂災害まで発生している状況。自然現象なので私たちには雨を降らすことも減らすこともできませんが、アングラーは自然の条件を如何にして安全に魚に出逢うかという所もゲームフィッシングの醍醐味ではないでしょうか。

 

関東三大河川のひとつ那珂川。那須岳の水を運ぶ

6〜7月ともなると稚鮎はどんどん河川を遡上し、今では鮎釣りシーズンになりました。シーバスも自然界の摂理で、生きる為に餌を求めて河川を遡上してきます。私の住む場所には延長150kmにも及ぶ那珂川が存在します。水源は那須岳から注がれ、河口は大洗と那珂湊の間に位置し、那珂川の支流にメジャーフィールドでもある涸沼水系が存在します。関東三大河川でもある那珂川には未だ大自然が広がり、釣り人も多種多様。その那珂川に6月は足を運びシーバスゲームを楽しんでいました。

 

豊富なベイトフィッシュたち

那珂川水系も昔からメーターシーバスが捕獲されてきた実績のある河川ですが、近年マルスズキのメーターオーバーという個体は減少傾向にあるのか全く耳に入って来なくなりました。しかし、モンスターが潜んでいる可能性は十分あります。そうした大物に出逢うために大河川を歩き回って魚に近づいて行く訳ですが、ポイントも無数にあるため、ある程度今の時期ベイトが溜まる場所や魚が溜まりやすい場所をチョイスして釣りをしていきます。昨年に引き続き那珂川でも渇水状態が続き、シーバスの遡上は非常に少ない様ですが、雨が降り多少水位が上昇した時がチャンスタイム。大増水では身に危険を及ぼしますので無茶は禁物です。ベイトは稚鮎の他にもイナッコやハヤ等が生息しているのでルアー選択はそうしたベイトサイズに合わせ9〜12cmのフローティングミノーを使用。河川の水流によって流されるベイトを演出する事でシーバスにアピールしていきます。

 

好条件が整ったある日

さて、河川に変化が訪れたのは6月中旬でした。まとまった雨の日が続き、河川にはササ濁りと多少の水位上昇もあり、釣行しても安全な状況。好条件が整ったので夕マズメの明るい時間帯から川の状況と魚が着きそうな場所を確認しておきます。日が沈み、辺りが薄暗くなったらキャストを開始。ストラクチャーや地形の変化がある場所は水の流れの変化があるので丹念にルアーを流していくと、釣り開始1時間程経過した頃に「ドスっ」と抑え込まれる様なバイトが訪れました。水流もある為、強引なファイトはフックやスプリットリングを伸ばされたりラインブレイクにも繋がるので、手元に寄せるまでロッドワークを駆使し慎重に寄せます。何とかキャッチしたシーバスはランカーには届きませんでしたが餌を沢山食べているであろうプリプリの78cm。稚鮎の遡上と共に川を昇り水位の変化で居場所を転々としながらこの場所に来たんでしょう。ヒットルアーはフリルドスイマー115F。

 

朝マズメはプロトルアーを流した

朝マズメには別のポイントへ行ってみるとその場所でも良型のシーバスがヒットしてきました。ボイルやシーバスの生命は目では目視できないものの、きっと朝は水面を意識していると思いルアーは水面直下を漂わせる事のできるスパンクウォーカー90のプロトを選択した所ヒットに繋がりました。大自然の中で気象条件に釣行も左右される釣りではありますが、自分の思い描いた様にルアーをコントロールしヒットに導く展開もシーバスゲームならではの醍醐味。こうしたゲームの中で90オーバーやメーターオーバーをキャッチした時にはあの手が震える様な感動が待っていることでしょう。その感動を求めてフィールドに足を運ぶ日々がまだまだ続きます。

 

木村仁(きむらひとし)
いま最も注目される若手シーバスアングラーのひとり。1984年生まれ、茨城県在住。日々ランカーシーバスを追い、自己記録は102cm・11kg。本企画を通して人生2本目のメーターに挑む。愛称は「キムラックス」

バックナンバーはこちら

 

「メーターへの道」現在の最長記録:96cm

 

使用タックル
[ロッド] http://www.apiajapan.com/product/rod/foojin-xx/">アピア|Foojin’XX URBAN DINO88ML
[リール] アピア|VENTURA3012LUNKER CUSTOM
[ライン] バリバス|アバニ シーバスPEマックスパワートレーサー1.5号
[リーダー] バリバス|シーバスショックリーダーナイロン30lb.
[ルアー]ポジドライブガレージ|フリルドスイマー115F
[ルアー]ポジドライブガレージ|スパンクウォーカー90プロト