エギング|ローカル直伝・真夏の必釣パターン

2016/08/09
総合 テクニック
ポイントに通い続けるローカルエキスパートが、今シーズンの必釣パターンを教えます!

文=野中功二 

2016年夏のエギングの動向

こんにちは。夏日和が続きますが、皆さん、エギングを楽しんでいますか? 私のホームの伊豆では7月中旬に水温が大きく上昇し、アオリイカ狙いも簡単ではなくなってきました。アオリイカは大型も小型も出ますが、「タイミング」を見計らうことが釣果を出すうえで非常に重要となっている状況です。周辺では神奈川方面で500g〜2kgクラスが春シーズンの“最終ラン”で釣れている状況ですが、私のホームではラストランというよりは居残りの個体を拾うか、または早生まれの新仔のアオリイカを狙うといった感じ。新仔については、数は出ませんが500g前後が高確率で出ている状況です。

 

「時合」について柔軟な思考が釣果に結びつく傾向

さて、冒頭にも書きましたが、このシーズンのアオリイカ狙いは「タイミング」が非常に重要だと感じています。朝のタイミング、夕方のタイミング、潮の上げ始め、引き始めなど一般的な良いタイミングは色々ありますが、今年は「ちょっと違う?」と感じています。昨年までのシーズナルパターンが当てはまらないことが多く、皆さんも今シーズンは昨年まで蓄積したシーズナルパターンで挑むと「???」といった感じではなかったでしょうか? 私がここ最近思っていることは、イチからの情報収集と固執せず柔軟に対応するということです。事実、ここ最近は(神奈川寄りでは特に)釣果が午後〜夕マズメを少し過ぎた頃までにほぼ集中しています。今シーズンは、少し時合について柔軟に考えることが釣果を出すうえで重要な要素となりそうです。

 

ポイントセレクトは「潮通し」と「雨」をベースに決める

続いては夏場のポイントセレクトについてです。この時期、私は奥まった湾よりも外洋に面している場所を選択します。外洋に面している=潮が良いと考えるからです。また、この時期の湾内は水温が上昇しすぎて、アオリイカが回遊してくる可能性は極めて低くなります。そこで外洋に面した磯などが一級のポイントとなりますが、防波堤で狙う場合もなるべく外洋に面した場所にある防波堤で、奥行きのあまりない場所または入り口の大きな場所を選ぶと良いでしょう。また、この時期は夕立や台風による真水の流入が増えるため、インレット絡みのポイントセレクトは慎重に行いたいところです。雨後はしばらくアオリイカの嫌う真水が海に流入している可能性があるので、こうした場所を避けるとアオリイカとコンタクトする機会も増えます。

 

使用するエギについて

使用するエギは、この時期は新仔は大きいものでは既に500gクラスになっていますので(小型も居ますが)、私は基本的に3.5号のエギでアピールさせ、やる気のあるフレッシュなイカを狙って行きます。ダート系とフォール速度の遅いエギを使い分けますが、イカが今ひとつ追いきれない場合はフォールの遅いエギで抱かせます。潮の速い場所では若干重いエギも対応するのに持っていくようにしています。

簡単ではないものの、8月に入ってからも釣果はコンスタントに出ている状況が続いています。今後は新仔も数も増えてより狙いやすいシーズンとなります。皆さんも熱中症などに十分注意しつつ、夏エギングを楽しんでみてください。

 

野中功二
おそらく伊豆エリアで年間を通して一番エギングをしている人。豊富な経験とスキル、情報網を持ち、有名プロアングラーからも絶大な信頼を寄せられる。伊豆烏賊人(いずいかんちゅ)所属。

 

[ロッド] ゼスタ|アサルトジェット92クラウドサーフ
[リール] シマノ|バンキッシュC3000SDH 夢屋スプール
[ハンドル] スタジオコンポジット|ダブルハンドル
[ライン] デュエル|アーマードF+ Pro0.8号
[リーダー] デュエル|TB CARBON 2.5号
[エギ] デュエル|EZ-Qマグキャスト
[エギ] デュエル|EZ-Qキャストラトル
[エギ] デュエル|EZ-Qキャストランガン