エギング|11月を制する「知識」と「攻撃力」

2016/11/11
総合 テクニック
秋から冬への過渡期。勝つ人は、アオリイカの生態をよく知っている。そして、変化に敏感だ。

季節の変わり目。攻め手も変えながら

こんにちは。伊豆烏賊人の遠藤誠也です。皆様の釣果はイカがでしょうか? 私のホームグラウンドの伊豆半島では、10月は水温が比較的安定していたため、日中や夜間に数釣りが楽しむことができました。10月下旬にはアオリイカのサイズも大きくなり、キロアップも釣れだしました。しかし、雨の影響もあり、ここ最近は徐々に水温が低下し始め、アオリイカの行動パターンも朝夕マズメや夜間に変化し始めてきたと感じます。いよいよ秋から冬へ、アオリイカの行動パターンも変わり、それにともない私たち釣り人のアプローチ方法も少しずつ手を加えていかないといけないシーズンになってきました。

 

低水温期でも、岸からアオリイカが釣れる理由を知る

今回は回遊のアオリイカ狙い方について解説していきたいと思いますが、その前にまずはこの時期の「水温」から解説していきましょう。例年、11月の太平洋沿岸の水温は20度前後とまだまだ暖かいのですが、それが下旬になるにつれ徐々に低下していきます。アオリイカは、沿岸部の水温が低下にともない、比較的に水温が安定している深場へと棲息域を移していきます。しかし、かといって沿岸部にアオリイカがいないのか?といえば、決してそんなことはありません。水温が低下しても、同水温で安定していれば、アオリイカは深場から沿岸部へと回遊してくるからです。そして、接岸・回遊してくる個体の前にエギを落とすことができれば、この時期でもアオリイカをキャッチすることは決して難しくはありません。

 

ポイント選び。なぜ、イカが浅場に来るのかを考えて

このように、この時期にショアからアオリイカを狙う場合、沿岸部に接岸・回遊してくる個体を狙うことになります。では、アオリイカが回遊してくるポイントとは、どんな場所でしょうか? アオリイカはベイトフィッシュを捕食するために、彼らを追い詰めやすい沿岸部へ回遊してきます。水深のある場所は水温が安定しやすい反面、空間が広いためアオリイカにとっては捕食をしづらいエリアだともいえます。シャローという場所は、ベイトフィッシュが多いだけでなく、採餌行動をするうえでアオリイカにとって非常に都合が良い場所であり、それ故にアオリイカはシャローに集まります。よって、ポイント選択もそうして観点から行うのが重要だといえます。以上から、僕はこの時期のアオリイカ狙いのポイントとして「沖に面した地形の変化のあるポイント」「沖に面したシャローエリア」などをオススメします。また、アオリイカの回遊ルートとなる「潮通しの良い岬の先端や港の入り口付近」も狙う価値が大いにあるといえます。

 

「青物の回遊」を意識した人が勝つ

時合については、この時期はアオリイカの天敵の青物の回遊が頻繁で、これとアオリイカの時合は密接に関係します。ヒット率が高いのは、青物の回遊がなくなる時間帯、つまり夕マズメ〜夜間にかけて、そして朝マズメとなります。ただ、日中でも青物が回遊していなければ、身を隠せるシモリなど地形変化のあるポイント、港内であれば係留ロープやブイなどの障害物周辺などではアオリイカを釣ることができます。とはいえ、時合は暗い時間が中心。暗くなる前にポイントに入り、地形やベイトの有無などの調べておくのが良いでしょう。

 

秋から冬への過渡期。状況変化に敏感であれ

なお、この時期は秋から冬へ季節が変わる過渡期であり、海中の状況の少しの「変化」に気が付くことが釣果を分けることもあります。状況の変化といっても、様々なことがあります。潮流の変化や潮目にはアオリイカのベイトフィッシュが集まりますし、回収したエギを触って温かく感じるときは、周辺の水温が高く時合が近いことの合図となることもあります。エギやラインから伝わる情報、海鳥の動きやベイトの動きなど自分の目で見た情報などに敏感になることがヒットへの近道ともなりますので、このあたりのことも意識してみると釣果が大きく変わるかもしれません。それでは、寒い時期になってきましたが、エギングファンの皆さん、11月もシャクっていきましょう!

 

遠藤誠也
月間釣行回数は、ほぼ20日をキープ。圧倒的な情報量と経験を持つ伊豆半島のスペシャリストであり、トッププロも信頼を寄せる期待の若手アングラー。チーム「伊豆烏賊人(いずいかんちゅ)」所属。

 

使用タックル 
[ロッド] シマノ|セフィアCI4+ S906MH
[リール] シマノ|セフィアSS C3000S 
[ライン] デュエル|アーマードF+PRO 0.6号
[リーダー] デュエル|TB CARBONエギリーダー2.5号
[エギ] デュエル|EZ-Q キャスト 3.5号(リアルイソスジエビ)
[エギ] デュエル|EZ-Q マグキャスト3.5号(リアルアカトラギス)
[エギ] ヨーヅリ|パタパタQ 3.5号(リアルクルマエビ)
[エギ] ヨーヅリ|アオリーQエース シャロー 3.5号(スケルトンエビピンクヘッド)